エンパイアー

よくある質問Frequently asked questions

ホーム > よくある質問

クリーニングのご利用についての大事なお知らせ

クリーニングのご依頼方法・料金について

  • 自宅から一番近いお店舗を知りたい。

    「店舗検索」機能をご利用くださると、所在地の他、営業時間などの情報を確認することが出来ます。

  • 自宅までの集配サービスはやっていますか?

    はい、実施しております。
    「無料集配サービスエリア検索」機能をご利用下さると、申し込みダイヤルが表示されますので、電話にて直接お申込みいただけます。

  • 住んでいる町にエンパイアーがありませんが、クリーニングを依頼する方法はありますか?

    「eネットクリーニング」なら全道のどこからでもお申込みいただけます。ぜひご利用ください。
    北海道内限定のサービスとなっておりますのでご了承ください。

  • ユニフォームやリネン品のレンタルはやっていますか?

    はい、当社に専門の部署がありますので、コチラまでお問い合わせください。

  • クリーニングの料金を知りたい。

    当社は札幌地区・釧路地区などの所在支店で料金が異なりますので、コチラで検索して頂くか、掲載されていない品目の料金はお住まいの所在支店へお問い合わせください。

  • ワイシャツだと思って依頼したら、カジュアルシャツ(オープンシャツ)扱いになると言われた。どういうことでしょうか。

    当社がワイシャツ料金で受付できる品物は、ランドリー洗浄(高温での洗浄)、機械プレスが可能な以下の条件を満たしたシャツとなっております。

    • 洗濯表示マークが40℃以上の水洗い表示であること
    • 形状がビジネス・フォーマルで使用する一般的なワイシャツであること
    • 生地の素材が綿や綿とポリエステルの混紡であること。ただし麻が10%程度混紡された品物は許容範囲内です。
    • バイアス生地、裏地付きなどの特殊な生地を使用していないこと
    • 金属染料など、特殊な染料を使用した生地でないこと

    上記の条件を満たさないシャツは、形状が機械にセットできないものであったり、縮み・変形・破損・色抜け・風合い変化を起こす可能性があるため低温での洗浄が必要な品物です。
    プレスもハンドアイロンによる手仕上げが必要となりますので、カジュアルシャツ(オープンシャツ)扱いでの受付となります。

  • 今実施しているセールや割引の内容を知りたい場合はどうしたらいいですか?

    ご依頼いただく店舗や無料集配サービスエリアを検索いただきますと、今月のサービスチラシを確認することが出来ます。

クリーニングに対する疑問やクリーニング品の出し方について

  • ドライクリーニングってどのような方法で洗うのですか?

    ドライクリーニングは水を使用せず、「有機溶剤」という揮発性の液体で洗う方法です。
    ドライクリーニングは縮みや脱色、風合いの変化が少ないため、一般的に水洗いが出来ないとされるウールやシルク製品の洗浄に適しています。
    ドライクリーニングは油性の汚れをよく落とす反面、水溶性の汚れ(汗・飲み物など)は落ちづらいため、別途しみ抜き処理などが必要になってくる場合があります。
    有機溶剤にはパークロロエチレン、石油系溶剤、フッ素系溶剤などの種類があります。

  • 有機溶剤は洗った後、捨てるのですか?

    一般的にはフィルターでろ過して再利用しますが、それだけでは洗浄液に染み出した色素や、フィルターで取りきれない脂肪酸などの不純物が残るため衛生的とは言えず、嫌な臭い、くすみの原因となってしまいます。当社ではフィルターでろ過した後、蒸留をして無色透明な状態まで再生して使用します。

  • クリーニングに出した後、目に見えなかったシミが浮き出てくることがあると言われましたが、どういうことでしょうか。

    「ドライクリーニングってどのような方法で洗うのですか?」で記載されておりますように、ドライクリーニングでは水溶性の汚れがあまり落ちません。
    その落ち切らなかった水溶性の汚れがドライクリーニングや熱によって変質し、目に見えるようになることがあります。
    また受け取ったときには目に見えなかったシミが、時間の経過と共に化学変化(酸化)し浮き出てくることもあります。
    無色透明の飲み物などが付いた可能性がある場合は、クリーニングに出す際に是非お知らせ下さい。

  • シミを付けてしまいました。クリーニングを出す前の応急処置はありますか?

    シミの種類にもよりますが、共通していえることは「こすってはいけない」ということです。生地の表面が毛羽立ち、シミが取れた後も白っぽく見えたりする場合があります。
    タオルやティツシュなどでシミを吸収させるにとどめ、出来るだけ早く信用できるクリーニング店へ依頼することをお勧めいたします。

pagetop